耐久性抜群フロアコーティング
your slogan goes here

フロアコーティングが施された床材は、
職人さんの手でしっかりと保護されていきます。
フロアコーティングの作業は、
基本的に職人さんの手作業で行われていくと言われています。
そして広い床に均一に樹液を塗る作業になりますので、
集中力と体力を要する仕事だと言われているのです。

しかしベテランとも言える方々によってコーティング剤を塗られた床は、
非常に美しい状態に保護されるようになると考えられています。
床の保護ということで、
ホームセンター等からワックス剤を購入して
自分で塗っている方々もたくさんいます。
しかしワックス剤は見た目としてのコーティングは出来ますが、
床が劣化しない程の保護能力はありません。

そしてワックス剤の艶は数ヶ月で消えてしまいますので、
長期間効果が持続するフロアコーティングの普及によって、
ワックス剤はあまり効果のないものを
頻繁に塗ることで手がかかると考えられるようになりました。
本当の意味で床材を保護する

というのは、水や油等の汚れが付着しても劣化しないのがポイントです。
そしてワックス剤の場合には熱や薬品等で劣化する可能性が高い
ということで、床材がきちんと保護されているとは言えないようです。
きちんとフロアコーティングされた床では、
埃やゴミが出にくいので掃除の頻度も減るようです。
しかし保護された床材の清潔さは向上しますので、
ダニやカビの発生しにくい環境で生活することが
可能になると言えるのではないでしょうか。

フロアコーティングを行う時には、
疑問点をしっかりとなくした状態で
行っていただくことが必要です。
そのためにはまずは電話です。
電話をしっかりと行いまして、
質問をして疑問点を解消していきましょう。
その上でフロアコーティングを行っていくことがお勧めなのです。
フロアコーティングの業者に質問などがある場合につきましては、
フリーダイアルがあるのかないのかを確認しておきましょう。

フリーダイアルの場合は、
こちらがお金がかからないで質問ができるのです。
かなり長い時間質問をする予定の方もいるでしょう。
そういった場合でも電話代を気にすることなく
電話で質問をしていけるのはポイントが高いです。

質問の内容としても、
それぞれのフロアコーティングの種類の説明をしてもらいたい
ということもあるでしょう。
フロアコーティングの種類は非常に豊富です。
しかも、その種類もかなり豊富です。
ですので、しっかりと聞いていく必要があるのです。

また、フロアコーティングのお値段の質問ということもあるでしょう。
電話で簡単な見積もりをしていただきたいこともあるはずです。
また前記しましたが、フロアコーティングは種類が豊富です
それぞれのフロアコーティングの種類に合わせた値段を聞いていく
ということも大事なのです。
フリーダイアルがありましたら、活用していきましょう。
よりいいフロアコーティングを導入できるきっかけになるかもしれません。

名古屋にはフロアコーティングを始めとする
各種コーティングを行っている会社があります。
その会社はメイプルさんという会社です。
この会社ではコーティングを主に行っているのですが、
和室の白木コーティングや木質以外のコーティングなどがあります。
その中でも一番人気なのはフロアコーティングなのですが、

メイプルさんが行っているコーティングには特徴がいくつかあります。
まずは経済性ということです。
フロアコーティングをすればワックスがけをする必要がなくなります。
ワックスがけ
というのは1回分ではそこまで高くはないのですが、

1年間に何回もしなければいけないのでトータルすると結構な金額がかかってしまいます。
そのためフロアコーティングにすれば1回で10年以上もつので経済性が高い
ということになります。
その他には高級感があるということです。

ワックスとは違って高い光沢を持続することが出来るので、
美しい仕上がりになります。
そして安全性が高いということもあります。
安全性というのはホルムアルデヒド
というような厚生労働省がガイドラインとしている化学物質を配合していないので、
小さなお子さんがいる場合でも安心なのです。
その他には掃除が楽になるという事があります。

傷や汚れがついてしまうと補修を行ったり、
専用の洗剤を使わなければいけません。
ですがフロアコーティングをすればそういったことが少なくなるので、
あまり掃除に時間をかけなくても済みます。
このようなメリットがあるのでメイプルさんではコーティングを行っているのです。

フローリングの床のワックス塗装を行う場合、
半年に1度や1年に1度と言うペースで塗装を行う事が
一般的なペーストしてありますが、
ワックス塗装を行うと言う事は、
フローリング床の上に何も無い状態にしなければなりません。

フローリング床のある部屋に
何も置いていないと言う住宅はゼロとっても良いわけですが、
ワックスを掛けるためにはこの家具を移動して上げなくてはならないのです。

もし、10年に1度のペースで家具の移動をするのであれば、
仕方ないと思い移動を行う事も出来ます。

しかし、半年に一度も家具の移動を行い、
尚且つ掃除をしてからワックスを掛けるという事は実に大変な事です。

しかし、フローリング床の事を考えたらメンテナンスも必要ですし、
長い期間綺麗な状態を保ちたいものです。

これをフロアコーティングにしてしまえば、
数年間はメンテナンスが不要になりますので、
家具の移動など数年の間に1度程度行えば良いだけになるのです。

フロアコーティングの施行における費用と言うものは、
ワックス塗装よりも多く掛かりますが、トータルコストや、
家具を移動したりする手間を考えるとフロアコーティングの方が安くなり、
尚且つ手間も無くなるという利点があるのです。

フロアコーティングはフローリングだけではありません。

和室の維持管理にもその実力を発揮します。
和室といえば畳をまずイメージしてしまいますが、
よく見ると畳だけではなく美しい白木もその空間を作る大事な存在であることがわかります。
白木ならではの風合いや香りをいつまでも残しておきたい、
そんな希望にフロアコーティングは応えます。
木材の組織にコーティングを施すことで、
紫外線による日焼けや干割れの劣化から守ることができます。

また、表面を軽く拭くだけでキレイになるので、お手入れ簡単。
白木の持つ本来の美しさを妨げない、塗膜を張らない技術もあります。
汚れや水分ははじきますが、
木の呼吸を妨げないように空気や水蒸気を通します。

その技術が、和室の白木の風合いと香りを守るのです。
和室の襖、和戸枠の周りなどは、カビが生えてしまったり、
汚れが残ってしまっても、畳と異なり簡単に取り替えることができません。

綺麗なうちにコーティングすることで、
美しいくつろぎの空間を維持することができます。
使用する溶剤は安全性が高く、ニオイも気になりません。

シックハウス症候群などの原因とされる化学物質を含まないので安心です。
まずは、お近くの施工業者にご相談ください。

フロアコーティングの製造メーカーは、
そのコーティング材料の耐久年数を公開しています。
この耐久年数は、フロアコーティングのが、実際公開されている年数
というものは、製造メーカーが保証する期間でではないと言います。
保証をすればその年数の中で劣化が見られれば嘘になるわけです。
また、利用する環境によっても耐久年数は変わるわけです。
寒い地域もあれば暑い地域もあります。
また、日当たりの良い住居もあれば悪い住居もあるわけです。

このように異なる住居環境の中で同じ保証を作るのは難しく、
その結果耐久年数と言う言い方をしているのです。
実際フロアコーティングは言われている耐久年数以上の効果を持つとも言います。
また、フローリングの床の寿命は約20年程度であるとも言われています。

しかしながら、使う人が大切に使えばこの耐久年数は長くなりますし、
フロアコーティングの施工を行う事で床は保護されます。
その結果劣化の速度は落ちますのでフローリング床の寿命は20年を超えて長くなると言うことです。
因みに、フロアコーティングの耐久年数は材料により変わります。

長い耐久年数を持つ材料を利用すれば、
住宅の寿命が訪れるまでの間フローリングを保護する事さえ可能になるのではないでしょうか。

フロアコーティングの製造メーカーは、
そのコーティング材料の耐久年数を公開しています。
この耐久年数は、フロアコーティングのが、実際公開されている年数
というものは、製造メーカーが保証する期間でではないと言います。
保証をすればその年数の中で劣化が見られれば嘘になるわけです。
また、利用する環境によっても耐久年数は変わるわけです。
寒い地域もあれば暑い地域もあります。
また、日当たりの良い住居もあれば悪い住居もあるわけです。

このように異なる住居環境の中で同じ保証を作るのは難しく、
その結果耐久年数と言う言い方をしているのです。
実際フロアコーティングは言われている耐久年数以上の効果を持つとも言います。
また、フローリングの床の寿命は約20年程度であるとも言われています。

しかしながら、使う人が大切に使えばこの耐久年数は長くなりますし、
フロアコーティングの施工を行う事で床は保護されます。
その結果劣化の速度は落ちますのでフローリング床の寿命は20年を超えて長くなると言うことです。
因みに、フロアコーティングの耐久年数は材料により変わります。

長い耐久年数を持つ材料を利用すれば、
住宅の寿命が訪れるまでの間フローリングを保護する事さえ可能になるのではないでしょうか。

家の中をリフォームする時
というのは様々な方法があるのですが、どういったことをするのか
ということによって内容というのは変わってきます。

リフォーム
というのはいっぺんに全てを行うこともありますし、
そうではなく部分的に行うということもあります。

ですからどの辺りのリフォームを行うのか
ということによって、お願いする会社も変わってきます。

例えばフロアコーティングをお願いする場合
というのはリフォーム会社にお願いすることも出来ますし、
フロアコーティングを専門としている会社にお願いする
ということもあります。

どちらでお願いしてもいいのですが、
できるだけフロアコーティングを専門としている会社にお願いした方がいいです。

またそれ以外にはクロスコーディングというものがあります。
先ほどのフロアコーティングは床のコーティングになるのですが、
クロスコーディングの場合は壁紙をコーティングする
ということになります。

長い期間同じ壁紙を貼っていると、
どうしても色が変わってきてしまったり汚れが目立ってくるようになってしまいます。
ですからリフォームをする
という場合には、フローリングだけでなくクロスコーディングも行う
という場合が多いです。

しかしその時にはフロアコーティングとクロスコーディングのどちらも扱っている会社に
お願いするといいです。

そうすると一度に両方ともお願いすることは出来ますし。
キャンペーンなどによっては金額も下げてもらうことも出来ます。

自分の家をリフォームしたいと思った時にはだいたいの人は、
キッチンや浴室、トイレなどを変えたいと思う人が多いです。

しかし一番家の中で過ごす事が多い部屋はリビングです。

リフォームをするのであれば、
まずはリビングをリフォームすることが重要になると思います。

ではどのようなリフォームをすればいいのか
というと、フロアコーティングが一番おすすめです。

フロアコーティングをすれば床が見違えるほどきれいになるので、
リフォームをしたという満足感が強くなります。

ではどのようなフロアコーティングをすればいいのか
というと、様々なコーティング剤があるのでどれが特におすすめ
という事はありません。

コーティング剤によっては仕上がり具合が違ったり、
どのぐらいの年数持つのかという事は違ってきます。

どのコーティング剤を使用するのか
という事は、
フロアコーティングを行う会社と相談をした方がいいです。

しかしフロアコーティングをしないよりは絶対にした方がいいので、
フロアコーティングをお願いする会社を選ぶ時には色々と考えておかなければいけません。

どのような会社がおすすめなのか
というとフロアコーティングを専門に行っている会社です。

そういった会社は実績もありますし、
たくさんの種類のコーディング材を扱っている事が多いです。

また価格に関しても少し安く設定されていたりするので、
フロアコーティングをする時にはそういった会社にお願いした方がいいです。

家屋の床材の保護のためにはフロアコーティングを行うことが、
今では最も有効な方法として知られています。
通常では専門業者に依頼してフロアコーティングを行いますが、
自らがdiyによって施行することも不可能ではありません。

実際にdiyで施行する方法としては、
まずは室内の清掃から始めることになります。
施行する室内の家具類などもできる限り
室外へ出すことが必要です。
その上で、ゴミや小さな埃を全て除去します。
室内の清掃が終わったら、
フローリングの下地を作ります。

最初に行うことは、
フローリングの表面に付着している古いワックスや
フロアコーティングを落とす作業です。
専用の剥離用の溶剤を用意して、
フローリングの表面に塗布して拭き取ります。
拭き取り作業は肝心で、この時に埃などが付着していると、
最終的な仕上がりに影響することになるために、慎重に作業を進めます。
その後は養生といって、
コート剤が付着してはいけない部分をマスキング作業します。

通常ではマスキングテープが販売されているので、
施行する室内の面積に合わせて予め用意することが必要です。
最後にフロアコーティング剤を塗布して終了となりますが、
使用できるものは、ウレタンやシリコンの塗布になります。
UVコートに関しては専用器具を必要とするために、
一般的にはプロの専門業者に依頼することが必要となります。